2011年06月30日

友人

先週、品川で友人と20年振りに再会した。

オーストラリア在住の彼は休暇で日本に戻ってきていて、
インターネット上からメッセージを送ってきてくれた。

彼の日本でのスケジュールと私の都合との
兼ね合いで、再会出来たのは僅かな時間であった。

お互いの近況やこれまでの生活のこと、
共通の懐かしい友人の話、ブラジルのこと、
当然とうちゃんになったこと・・・

息つく暇も無く1つの話からまた枝分かれして
別の話に飛んだり、話題も現在と過去を行ったり来たり、
本当に話が尽きなかった。

会話をしていて青春時代の様々な情景も残像のように
浮かんできた。

いや〜、それにしても本当に懐かしかったな〜。

今度は自由が丘で語り明かしたい。

信介、本当にありがとう!!
PAP_00530001.jpg





posted by THP促進堂 at 22:06| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(リラックス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

陸前高田part3

災害対策本部から30分程歩いて、
お昼前に避難所の高寿園に到着。

ボランティアの趣旨を告げると、
すぐに了承していただき、館内放送で
施術希望者を募ってくれた。

介護施設の一部を避難所として活用しているので、
マッサージベッドまで用意していただいた。

お昼から3時間程の滞在で8人の方々の施術を実施。

原則として15時まででボランティアは終了となり、
VCに戻り作業報告書を提出する段取りとなっている。

VCにて作業報告書の記載を済ませ、
朝に高速バスにて到着したサンビレッジ高田に戻った。

夕方4時半を回っていてボランティアの活動時間は
終了しているわけだが、高速バスの出発時間まで、
停留所兼避難所であるここでの施術が可能であればと
考えていた。

事情を説明すると、高速バスの出発までの時間の施術を
了承していただき、サンビレッジ高田での12人の方への
施術を実施することができた。

施術はテントの中、毛布の上で実施。
PAP_0028.JPG

多くの方が睡眠障害を抱えていて、後頸部から背部までの
蓄積されたコリの症状を確認できた。

過酷な体験によりトラウマを抱えている人もいた。

ガチガチだ・・・

頭痛がして眠りが浅くなるのもうなずけた。


結果として20人の方々へ、1人20分という
限られた施術時間ではあったが、17歳から87歳までの
方々の様々な思いや現状に触れさせていただいた。


被災地を見た。

被災者の方々の話しを聞きながら施術をした。


だから何なのか・・・


帰りのバスに乗るときに避難所の方々が見送りに来て下さった。

私はそのときに、なんて挨拶したらよいのか窮してしまった。

「頑張って!」
と言うのは避けたほうが良い言葉なのかもしれない。

「それではまた!」
と言うのもその時点では社交辞令でしかないわけで
軽々しい気もした。

とっさに出てきたのが、

「お元気で・・・」
だった。

最後の挨拶が自分の中では中途半端なものであり、
千葉に帰ってきてからもずっと尾を引くように
気がかりだった。

ボランティアというのは初めての経験だったわけだが、
継続せずに終わらせたら、それはただの体験と見学で
しかないかもしれない。

来月、予定を組んで再度行くことに決めた。

posted by THP促進堂 at 23:59| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(施術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

陸前高田part2

タクシーで20分程走りボランティアセンターに到着。

陸前高田VC
PAP_0046.JPG

受付、情報収集、作業報告等、ボランティアの拠点
PAP_0045.JPG

VCから程近く、人数も多い避難所に向かおうと決め、
自転車を借りようとしていたところ、VCのスタッフの方が
同じ方面に車で向かうとのことで、送っていただくこととなった。

高田第一中学校
PAP_0043.JPG

ここは中学校を利用した避難所。

避難所の本部で事務作業をしている方に、
ボランティアで千葉から来た鍼灸師であることを説明し、
被災者の方で体のケアを望んでいる方がいないかどうか
尋ねてみた。

しばらくすると担当者がやって来て、
今日はすでに3人の施術者が入っていて、
充分であると断られてしまった。

事情は分かったが、ボランティアの申し出を
断られるというのは案外へこむということが判明・・・

さて、どうするかな。

とにかく歩いて次の避難所を探すことにした。

瓦礫
PAP_0038.JPG

PAP_0037.JPG

市街地のほぼ全域が津波の到達から約6分という
凄まじい速さで水没し、壊滅したという。

自衛隊
PAP_0032.JPG

警察の車両も大阪府警、大分県警、熊本県警など様々。

仮設住宅
PAP_0042.JPG

仮設医院
PAP_0034.JPG

仮設店舗
PAP_0033.JPG

仮設市役所
PAP_0030.JPG

仮設、仮設、すべてが仮設、復興は始まったばかり。

今の小学生が成人する頃まで復興作業は
続くだろうとのこと・・・

歩いている途中に災害対策本部があったので、
そこで周辺の避難所の情報と詳細地図をいただいた。

避難所マップ
PAP_0031.JPG

次の避難所に向かったときには11時を回っていた。

posted by THP促進堂 at 07:00| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(施術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

陸前高田

先日、岩手県の陸前高田の避難所にボランティアで
鍼と指圧の施術をしに行ってきた。

PAP_00520001.jpg

PAP_00500001.jpg

水曜日の22時50分に高速バスで池袋を出発し、
木曜日の6時に陸前高田に到着。

予定より30分速い到着だった。

ボランティアの受付は
陸前高田ボランティアセンターで行っている。

センターでの受付が8時過ぎからなので、
2時間程、到着したサンビレッジ高田のロビーに
待機させていただき、8時に迎えに来るタクシーを待った。

前日は良く晴れ、気温も30度を超えていたとのこと
だったが、この日は肌寒い雨。

そして最近では珍しい震度5の地震に到着早々見舞われた。

地震により高田高校の休校が、集まっている高校生達に
拡声器で伝えられていた。

津波警報も出される程の地震だったので、
それを心配してとのことだった。

サンビレッジ高田は遠距離高速バスの停留所であり、
地元の学校の送迎の発着地であり、被災者の避難所でもある。

サンビレッジ高田
PAP_00480001.jpg

8時ちょっと前にピックアップの予約をしておいたタクシーが
迎えに来たので、ボランティアセンターへと向かった。
posted by THP促進堂 at 06:46| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(施術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

リシケシpart14

kalptaru ayurvedshalaでの施術は
2日連続で受けに行った。

IMG_4342.JPG

IMG_4341.JPG

施術家のビピンさんとシーマさん
IMG_4343.JPG

明るく陽気なシーマさんは女性担当
インド 383.jpg

ビピンさんの施術が終わり、テラスでしばらく施術談義
インド 385.jpg

次の予約までしばらく時間があるとのことだったので、

ビピンさんに鍼を見せ、そして鍼を打った。
IMG_4349.JPG

IMG_4350.JPG

インド 326.jpg

南アジアと極東アジア、お互いの伝統医療に触れ、
ほんの少しであるが交流できたことがとても嬉しかった。



posted by THP促進堂 at 23:58| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

リシケシpart13

インド旅行の目的はヨガ&アーユルヴェーダ。

リシケシではアーユルヴェーダの施術も随分受けた。
料金は1時間のオイルマッサージで500〜800ルピーぐらい。

IMG_4160.JPG

旅行の目的地もリシケシにするかケララにするか
最後まで随分迷った。

ケララはアーユルヴェーダ発祥の地であり、
本場の施術を望むのならやはりケララが
良いと思っていた。

だけどケララは残念ながら、ヨガが盛んではない。

悩んだ末にヨガの聖地であり、アーユルヴェーダの施設も
点在しているリシケシに決めた。

リシケシで受けた施術は高いレベルとはいえない
オイルマッサージがほとんどであったが、
1人だけ腕も良く、気遣いも感じる施術家がいた。

kalptaru ayurvedshalaのビピンさん。
インド 316.jpg

彼は本場ケララで勉強を積んできた施術家だ。

カティバスティーという腰痛治療が心地好い。
IMG_4347.JPG

腰部に粘土で土手を作り、熱いオイルで満たす。
IMG_4348.JPG

連日のヨガの疲労をやわらげてくれた。


posted by THP促進堂 at 23:59| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

市民農園part34

先月、ジャガイモの葉が随分成長していた。

地中の芋はどれだけ成長しているのだろう?
SH3805160001.jpg

草刈りをしつつ、

冬野菜の種を採種(水菜、ホウレン草、小松菜)
SH3805150001.jpg

また、草刈り。

そして、夏野菜の種をまいた。

オクラ、ナス、ピーマンの種は昨年採種したもの。
SH3805140001.jpg

今年の夏はどんな野菜が出来るのか・・・

それは、分からない。
posted by THP促進堂 at 23:05| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(リラックス) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

リシケシpart12

パルマートニケタン
インド 329.jpg

スワルグアーシュラム地区の中心に位置し、
敷地の広さも存在感もリシケシ随一ではないだろうか。

毎日のヨガクラスはハタヨガであるが、
優先順位と時間的な都合から参加はしなかった。

ここは夜にも存在感を放っている。
IMG_4306.JPG

日が暮れてくると、ガンガー沿いのシヴァ神像が祭られた
自前と思われるガートにて、ガンガーアルティーという
祈りと歌を捧げる儀式を毎晩行っている。
IMG_4305.JPG

IMG_4303.JPG

それから毎年3月の第1週に
インターナショナルヨガフェスティバル
というイベントを企画、開催し世界中から有名な
ヨガティーチャーを招聘している。

人々もなんだか華やか
IMG_4310.JPG

インド 328.jpg

建物から催事、人々、着ているクルターの生地まで・・・
すべてから豪勢なオーラが漂っていた。

posted by THP促進堂 at 23:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

リシケシpart11

アーナンダプラケーシュ
インド 400.jpg

インド 398.jpg

ドロップインは朝6時からのみ。

ここのヨガはアカンダヨガ。
インド 394.jpg

施設はタポバンという閑静な地域にあり、
静寂さに包まれ、穴場的でもある。
インド 395.jpg

宿泊していないと朝の暗闇の中、
このアーシュラムに向かうのは女性の場合
ちょっと危険かも。

ここは宿泊込みのヨガクラスで考えておいた
ほうが良いだろう。

この施設は清潔で洗練されていて、
新しく作り上げた感じが伝わってくる。

今回訪れた施設の中で西洋の香りを最も感じた施設。
インド 391.jpg

インド 390.jpg

人里離れた仄々とした雰囲気が修行の場のイメージを
醸し出していて、太陽のエネルギーを感じた場でもあった。
インド 397.jpg

それから、

宿泊していないので食べてないけれど、食事が美味いらしい。
posted by THP促進堂 at 08:00| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

リシケシpart10

シバナンダアーシュラム
IMG_4320.JPG

IMG_4321.JPG

朝は男性の部で6時から。
夕方は女性の部で4時半から。

料金はドネーション(寄付)

6時からのレッスンを受ける為に
早朝の暗闇を歩いてアーシュラムに向かう。

早朝に不気味なほど人がいないというのは
逆に健全なことかもしれない。
IMG_4319.JPG

10分ほど前に着くと誰もまだ来ていない。
しばらくするとポルトガル人の二人組が来たので雑談。

雑談といったって、英語でペラペラとスムーズに
話をされたところで、せいぜい2割程度しか理解できないので、
彼らからの話は右から左へ流し、こちらからの質問攻め。

その質問攻めだって酷いもので、
ポルトガルは良い所か?
リシケシにはどれぐらい滞在しているのか?
とか、その程度だし。

ポルトガルのサッカー選手のロナウドやフィーゴの
名前を出してみたところ、すごい勢いでその話に
食い付かれてしまい、全く理解できないヒヤリング地獄に
陥り、右から左へのオールスルーという場面もあった。

彼らと共に6時半ぐらいまで寒い中待っていたのだが
結局、先生は来なかった。

数日後にわかったことだがどうやら体調を崩して
お休みしたらしい。

シバナンダヨガについてはヴェドニケタンで知り合った
ヨギーニのキミコさんから、楽しく色々な話を聞いていて、
是非受けてみたいと思っていたのでとても残念・・・
IMG_4326.JPG

リシケシで超有名なシバナンダヨガであるが、
どうやら縁がなかったようだ。

posted by THP促進堂 at 00:15| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする