2006年05月01日

コリをためると?

昨日、Sさんがいらっしゃいました。
いつも2週間に1回ぐらいのペースで当サロンをご利用され
身体を定期的にほぐし、身体をとても大事にされている方です。

仕事が忙しかったようで、今回はSさんにしては珍しく
1ヶ月以上間隔をあけてのご利用でした。

揉んでみるとやはり、いつもより張りが強い。
揉まれているSさんもいつもより張っているのを
実感しているご様子。

今回は、Sさんとの会話からの1コマです。

Sさん
「いや〜間隔あけると揉まれた感じ、違いますね。」


「そうですね、それだけ疲れが蓄積されていますからね。」

Sさん
「このままコリをほぐさなかったらどうなっちゃうの?」


「どんどん辛くなっていきますよ。
さらに放置しておくと今度は逆に、コリの感覚が身体に
馴染んでしまってコリを意識出来なくなってきますよ。」


「そうなると、コリが無くなったのかな〜と
思ってしまう方が多いのですが、そうではなくて
コリを意識出来なくなるぐらい疲れがたまった証拠。
感覚が鈍麻している状態なんですよね〜」

Sさん
「う〜ん、なるほどね〜、やっぱりほぐした方が良いんだ。」

と納得されたご様子でした。


コリは疲れのバロメーターで、身体からの信号なんですよね。
だから、放っておかないでちゃんと信号をキャッチして
対処することが非常に大事です。
信号無視はいけませんよ!!

コリは・・・
1、ベストなのは辛くなる前に定期的にほぐす。
2、辛くなってしまったら、放っておかないですぐにほぐす。
3、最悪なのはコリの感覚が分からなくなるまで放っておく。

自分の身体からの声をしっかり聴いてみましょう!!!

      
posted by THP促進堂 at 23:41| 千葉 | Comment(6) | TrackBack(0) | 健康(施術) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
(^_^;)

今回のブログ、冷や汗だしながら読ませていただきました。他人事ではないな、と。
普段何にも感じてない所がマッサージしてもらうと滅茶苦茶痛い。これ、かなり焦ります。
もっと体を大事にします、とりかえしつかなくなってからじゃ遅いすもんね。
Posted by creamごとう at 2006年05月02日 22:13
creamごとうさんこんにちは。
初コメントありっす。

creamごとうさんも仕事がハードだから
気を付けて下さいね。

以前に比べれば腰のコリコリがずいぶん
良くなってるけど、油断は禁物ですぞ!
腰を痛めたら仕事になりませんよ。

そうそう、Mさん、発表会いよいよですね。
Mさんにもよろしく!!
Posted by コウ at 2006年05月03日 18:28
ご無沙汰してます。流石にこのblogを読んで、やばいと思い、コメント。
身体は正直ですよね。しかし信号を送ってくれても、なかなか過信をしすぎてしまい…後で痛い目に(笑)そろそろ限界かなぁ…
Posted by ゆう at 2006年05月06日 01:24
ゆうさん、コメントありがとうございます。
そうですよ、身体は悲鳴を上げているのですから
大事にしてあげてくださいね。

身体を粗末にすることも、大事にすることも
御本人の判断次第なんですよね。

ところでゆうさんは、どちらのゆうさんですか?
ひょっとして、アノゆうさんかな?・・・・
ヒントを下さい。
Posted by コウ at 2006年05月06日 11:57
こんばんは、はじめまして。
コリ怖いですね。
私も6年前にコリを放置し悪化したのを中国針とお灸で治療した事があります。
それで相談というか質問なんですが
その患部がタバコの煙に反応して痛みます。
自分が3〜4年前に1年程喫煙していた事が原因なので自業自得と言われればそれまでですが、
タバコの煙がなぜ針灸で治療した患部に悪影響を与えるのか、
その因果関係を知りたいのです。
ちなみに整形外科と脳神経外科で事情を説明しましたが
異常無しと言われてしまいました。
初めての書き込みでこんな面倒な事を聞いて申し訳ありません。
実際に治療した鍼灸院で聞けばいいのかも知れませんが
治療したのが当時住んでいた長野県の鍼灸院ですので
こちらに書き込みさせて頂きました。
あ、現在私は稲毛区在住です。
よろしくお願いします。
Posted by じゃん at 2006年05月17日 23:13
はじめまして、じゃんさん。
コメントありがとうございます。

タバコの煙が原因となり過去の鍼灸治療部位に
痛みを誘発するということですが、
今までそのようなことを聞いたことが
ありませんし、昨日調べてみましたが、
分かりませんでした。

なので、明確にじゃんさんの質問に答えることが
現時点では出来ません。

ですが、タバコの煙が影響して痛みが出るということを前提として考えてみると・・・・

タバコの煙には血管を収縮させる作用がありますので、血行不良となりコリが出来る、結果痛みが出ている。

つまり単純に一過性のコリによる痛みであり、
過去の鍼灸治療部位との関係ではないのでは
なかろうか、というのが私の推論です。

また何かございましたらお問い合わせ下さい。






Posted by コウ at 2006年05月18日 14:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック