2006年05月10日

筍(タケノコ)

先週またまた旬のものを頂いちゃいました。
やっぱりこの時期、旬といえば筍ですよね〜

私、毎年この時期には筍祭りです。
「やっぱ旬だよね〜」
なんて言いながらメチャクチャ食べてます。
いくら食べても飽きませんっていうぐらい大好物です。

今回は筍についてですよ〜。
dc051025.jpg

まずは旬の意味について調べてみました。

暦でいう、日、週(7日)、旬(10日)、月(28日〜31日)、
年(365日)の単位の中の1つで、月の上旬、中旬、下旬と
いうように旬とは約10日のことだそうです。

つまり食べ物においての旬とは1年にたった10日間、
それぞれの食材が一番おいしい時期のことなんですね。

因みに筍は成長が速く約10日間(一旬)で竹に成長するので、
そこから(竹冠に旬)の字があてられたとのことです。


筍の旬
1週間から10日遅れで桜前線のあとを追ってきます。
4月上旬の鹿児島で始まり九州・四国・中国・近畿・東海・関東、
最後に北陸に戻って終わります。
各地方に旬の時期が順番に巡ってくるわけですね。

3月収穫の筍のえぐ味の含有量は約100µg(1g/100万)、
4月上旬の収穫では248µgと2倍強に急増する。
これ以降は減少し5月の上旬にはわずか12µgになるそうです。

このえぐ味が急激に減った今が、まさに食べ頃、まさに旬!!!

筍の作用
・食物繊維を多く含み便秘解消に効果的、大腸ガンを予防。

・コレステロールの吸収を抑制。

・必須アミノ酸が多く体内のタンパク質合成を円滑に行う。

・チロシンは新陳代謝、脳を活性化し老化防止に効果的。

・カリウムを含有し利尿作用により余分な水分を排出し、
 高血圧やむくみを抑える。


・女性ホルモンを活性化するマンガンも多く性機能を高める。

以上のように非常に健康に良い食材ですね。

掘りたての筍は柔らかく、えぐ味も少なく、それでいて
シャキシャキっとした食感、甘味もありましたよ。
dc051034.jpg

黎見どん・・・ばいさん、Yさん、ありがとうございました。
美味しく頂きました。






posted by THP促進堂 at 21:19| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(1) | 健康(フード) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

チロシン
Excerpt: チロシンチロシン(ベンゼン環|C6H4(OH)CH2CH(COOH)NH2)はアミノ酸の一つで、2-アミノ-3-ヒドロキシフェニルプロピオン酸(あるいは、p-ヒドロキシフェニルアラニン)のこと。略号は..
Weblog: 健康食品-栄養素辞典-
Tracked: 2006-05-17 00:40