2011年09月17日

リシケシpart19

サドゥーとはヒンズー教の出家苦行者のことで
物乞いとは違う位置付けらしいが、人々からの
施しによって生活している。
インド 378 (640x471).jpg

ヒンズー教の信者でない私から見ると乞食もサドゥーも
何ら変わらないわけだが、輪廻からの解脱を目的に云々・・・
という考え方に当てはめると立派な修行者という存在として
世間から認められてしまうのである。

考え方はどうであれ、
他力によって生活することが出来ている人々だ。

サドゥーには群れている人々と、孤独な人がいた。
インド 108 (640x480).jpg

インド 265 (640x479).jpg

独りたたずむサドゥーは感情のない動物のような目をしていた。
インド 206 (640x480).jpg

インド 223 (640x480).jpg

誰とも関わらない完全な世捨て人のようでもあるが、
食事は誰かから施してもらうのだろう。




posted by THP促進堂 at 00:37| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | インド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。