2011年02月24日

Charice part2

昨日、一昨日とシャリースの東京公演でしたね。
盛り上がったことでしょう。

先週は徹子の部屋にも出演していたようです。


引き込まれちゃいますね。

こんなに凄い18歳、ナマで1度見てみたいな。



posted by THP促進堂 at 23:32| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

Hall&Oates

昨日帰宅するとNHKでホール&オーツの特集がやっていました。

懐かしい!思わず見入ってしまった。
SH3804170001.jpg

インタビューに答えるダリルホールがオッサン過ぎて
時の経過を感じました。

80年代は私の青春時代、良い思い出がたくさんあり、
この頃の音楽を聴くと色々と懐かしい記憶がよみがえります。

世の中が浮かれ過ぎていた時代でもありましたね〜。

なんだか最近、時の経過を感じることが多いです。
まあ、もう40になるしそんなものでしょうか?

<<Daryl Hall&John Oates-Private Eyes >>
posted by THP促進堂 at 16:53| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

Gamelan

Sさんからインドネシアのお土産を頂きました。

ジャワコーヒー

ガムランとバタックのCD


SH3802400001.jpg

<<Gamelan>>


良いですね〜、雨の日のBGMに最高です。
posted by THP促進堂 at 23:20| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月28日

Charice

フィリピンの少女が世界を魅了している。

小さい身体をフルに使いアグレッシブに歌うその姿からは
エネルギー、気迫、魂、それらの言葉を超えた何かが伝わる。






1992年生まれ18歳、凄いな・・・


posted by THP促進堂 at 13:09| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

Eva Cassidy

私が好きなアーティストの1人、Eva Cassidy

エヴァ・キャシディの歌声は魂の奥に響きました。

エヴァは13年前に33歳で亡くなりましたが、彼女の残したものは、
彼女を愛した周りの人たちによって支持され、
今も多くの人に愛され続けています。

私のブログにも過去に2曲YouTubeから載せていますが。

ここ数日、久々にCDを聴いています。
091201_0201~01.jpg

人生を真剣に一生懸命に生き切り、素晴らしいものを
世に残し、今も愛され続けています。

再度、載せます。

Eva Cassidy <<Fields Of Gold>>


posted by THP促進堂 at 09:24| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月20日

スーパースターpart3

映画ではマイケルに引き寄せられたスタッフ達、
皆が生き生きとしていました。

皆マイケルのファンで彼と関わり、1つのことをチームとして
作り上げることに喜びを感じ、一瞬を大切に過ごしています。

ダンサー達の懸命な表情からはリハーサルでありながら、
120%の気迫を感じます。

それに比べ中心で踊るマイケルはさらりと流して踊っていて、
70%ぐらいの動きに見えますが、誰よりも綺麗で存在感があり、
輝いている。

ダンサー達は剛で、マイケルは柔。

それがシンプルで神々しく、これこそがスーパースターか・・・
と感じました。

スタッフすべてがマイケルのファンであるという状況。
イエスマンに囲まれた中だからこそ、マイケルの意思が
スムーズに集団に反映され、特別な環境を作り出して
いるのかもしれません。

マイケルの想像した世界を忠実に表現出来る
スタッフがいることが重要なことなのだと思いました。

リハーサルの中、出番待ちのスタッフ達がマイケルの
パフォーマンスにくぎ付けになり、1ファンとして
熱狂しているのが印象的でした。

いつでも、超越したマイケルの姿やオーラは格別で・・・

マイケルが現場に登場したときから空気が変わる。


Michael Jackson <<Man In The Mirror >>



日常ではありえない程の興奮がスタッフに毎日のように、
注がれている。

超越した精神状態が素晴らしいパフォーマンスを生む。

マイケルは茨の道を子供の頃から50年近く歩いてきています。

存在の凄さはやはり経験と年数と才能が生むものだと思います。

子供の頃からエンターテイメントを貫いたスーパースターは
幻の如くあっけなく逝きました。

最後は儚すぎました。

Michael Jackson <<Heal the world>>









posted by THP促進堂 at 16:13| 千葉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月19日

スーパースターpart2

マイケルは80年代に絶頂を迎えたスーパースター。

80年代というと、私は10〜20歳位、とても多感な時期でした。

因みに私はマイケルよりプリンス派でしたが・・・

でも、ムーンウォークの真似ごとは中学時代、部活の合い間、
体育館で友人と部活の練習以上に練習しました。

この時代は1つの流行を大多数が追う、分かりやすい時代の
末期だったのではないかと思います。

勿論、マニアックな人達はいつの時代にもいたのですが、
流行に対して多くの人が同じ対象に熱狂し共感できた時代は
この頃が最後なのではないかと思います。

80年代後半以降〜現在は多様化され、情報も入りやすくなり
全体としての熱気のようなものは生まれにくくなっていて、

それぞれの分野で分かり合うもの同士で楽しむというような、
細分化の時代になったのではないでしょうか。

時代や音楽性、それぞれの思い入れの違いはあるでしょうが、
上記の解釈においてプレスリーやビートルズ等に比肩し、
大多数が支持するエンターテイメント界最後のスーパースター
はマイケルジャクソンだと思います。

Michael Jackson <Wanna Be Startin Something>


今後、ここまでの世界的スーパースターは育みにくいのでは
ないでしょうか、時代的に。

THIS IS ITのマイケルについてはまた近々。

あっ、T510さんに伝えないと!!



posted by THP促進堂 at 12:03| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

スーパースター

昨日は映画を観に行って来ました。

この映画は、
幻となってしまったライブのリハーサルを編集し、
成し得なかったライブへの取り組み、それから近い未来に
急逝することとなってしまったスーパースターの存在を、
過去からの視点を通して、今、観ることの出来る記録です。

THIS IS IT
091112_1335~02.jpg

スーパースターとは関わりのあるすべての人への強烈な閃光
なんだな〜と思いました。

その明かりは陽光でもあり月光でもあり常に人を照らしている。

そして、重力のような求心力によりエンターテイメントを
志す人々を世界中から引き寄せる。

このツアーに参加したいと志す世界中からのダンサーが
集まり、オーディションを受けるわけですが・・・

そのときの映像の迫力は何だろう・・・

応募者がただ多い為だからなのか、それとも多くの中から
キラメク存在を見つけ出すが為にそうしているのか・・・

とにかく、芋洗い状態の中で、ダンスをこのときばかりにと
刹那的に表現する。

それを客席からスーパースターを中心とした首脳陣が冷静に
チェックして、キラ星をピックアップする。

その混沌の中でこそ、それぞれの持つ力の120%、
それ以上の力を各々が発揮させられていると感じました。

皆がベスト以上の表現をしないと勝てない場。

この場で、すべて以上の力をアピールしようとする個々の意気、
隣々のライバル達の気迫、ぶつけ合うかのようなエネルギー。
そのようなものが作用し、個を超えた凄まじい全体としての
オーラを生み出し、スクリーンから溢れていました。

このオーディションの場面は印象的でした。

スーパースターについてはまたそのうちに・・・

あ、そうだ!T510さんにも伝えなきゃ!!

Michael Jackson <<HUMAN NATURE>>






posted by THP促進堂 at 15:44| 千葉 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月12日

Foreigner

の名曲アイ・ウォナ・ノウがカバーされていて、
最近ラジオで毎日のように流れています。

私が13歳〜14歳位・・・中学生の頃のフォリナーの
ヒット曲です。

青春の80年代ですね〜〜

当時、ベストヒットUSAなどでプロモーションビデオ
を見たのを懐かしく思いながら、四半世紀たった今、
施術中に聴こえるマライヤキャリーの歌声に、

あ、マライヤって同い年だったな〜たしか・・・
青春の80年代、あの頃の曲をカバーしたかったんだろうな〜と、
勝手に親近感を感じながらラジオを聴いています。


Mariah Carey <<I Want to Know What Love Is>>

posted by THP促進堂 at 08:50| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月08日

サウンドトラック

さて、いよいよ明後日10月10日(土)から公開の映画、

<引き出しの中のラブレター>




この映画のサウンドトラックは吉俣良さんの作品、
とにかく切ないな〜


透明感があり、静か〜に物語と映像に溶け込みながらも、
いつの間にか観る者に聴かせ、ジワっと感情を持っていかれる、
そんなBGM・・・これはヤバすぎです。

試聴してみて下さい。
コチラ

私が好きな曲は4曲目の<<isolation>>

それから名曲<<Smoke Gets In Your Eyes>>
のピアノソロ、16曲目です。

posted by THP促進堂 at 11:24| 千葉 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

フルハウス

に昨日は仕事後に飲みに行きました。

稲毛のロックバーの老舗フルハウス。

090211_2306~01.JPG

このお店は私が生まれた1971年にロック喫茶<ドノヴァン>
として稲毛に開店し、その後<マギー>に店名を変更後、
1976年現在の場所に移転し、ロックバー<フルハウス>として
今日まで営業を続けています。

今年で38年目・・・稲毛で1番歴史の古いバーです。

そして、オーナーの高山さんはロックの生き字引のような方で、
今年の6月に<フルハウス>にて
伝説のロックバーで聴くGolden Age Of Rockと題した
公開講座をNHKのカルチャーセンターから依頼されている
とのことです。

090211_2301~01.JPG

090211_2315~01.JPG


青春時代に夢中になったこと、それを仕事にし現在までの
38年という時の流れの中を情熱を持って継続してきた高山さんに
尊敬の念を持ち、私はフルハウスに寄らせていただいています。

私が稲毛に促進堂をオープンして10年目になりますが、
この間にも稲毛の街は随分と様変わりしています。
なくなったお店も沢山あります。

38年も支持され続けている高山さんの温かい人柄と、
心地よい音楽とお酒、そして歴史に包まれたお店の雰囲気に
酔い、素敵なひと時を薄れる記憶と共に過ごしたのでした。


Donovan <<catch the wind >>



ラベル:稲毛
posted by THP促進堂 at 23:28| 千葉 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

沖縄民謡

楽しい夏ももう終わりですね〜

ハーブの収穫も急いでしまいます。

今週もドッチャリ収穫〜〜〜

080904_1334~01.JPG

まだまだ、ありますよ〜〜〜
先週はSさんにもバジルをたっぷり差し上げました!!

夏の終わり、寂しく感じるこの時期にいつも聞く曲があります。

二十歳の頃に友人が沖縄に住んでおり、そこに1ヶ月ほど
転がりこみ、沖縄ライフを満喫したことがあります。

沖縄の街、海、空気、太陽、音楽、時間、酒そして人々。
これらすべてに強烈に魅了され、いつかここに住みたいと
当時本気で思い、沖縄熱に侵されていた時期もありました。

それから、17〜18年結局一度も沖縄には行ってませんが、
なんだか最近また沖縄に行きたい気持ちが沸々と湧いています。

当時沖縄でお世話になっていたダーツバーのマスターを
ふと思い出し、

<そういえばマスターはあの頃38歳で今のオレと同じ歳か〜>

<オレもそんな歳になったんだな〜〜・・・>

沖縄を代表するダーツの名手で、私もダーツを本格的に
教えてもらい、とても慕っていました。
okinawa049.jpg

okinawa047.jpg

毎晩那覇やコザの街に繰り出し、朝方まで沖縄の遊び方も
レクチャーしてくれました。
okinawa048.jpg

日中は那覇の泊港から離島までフェリーで寝不足ながらも
毎日のようにきれいな海を求めて行っていました。

渡嘉敷島、座間味島、阿嘉島等、真っ青な海と、真っ白な砂浜。

okinawa050.jpg

okinawa051.jpg

音楽はオキミン(沖縄民謡)
酒はオリオンビールとクース(古酒)

最初に戻りますがいつもこの時期に聞く曲とは・・・

沖縄民謡の古典

<てぃんさぐぬ花>



沖縄ポップスの大御所

喜納昌吉&チャンプルーズ <<東崎(あがりざき)>>



普段、底抜けに明るいようでいて、心底奥深いところにある
切なさがこんなに寂しく、思いっきり胸に伝わって来て、
ジ〜〜ンとしてしまうのです。

とにかく、夏の終わりに魂を揺さぶられる曲なのです。







posted by THP促進堂 at 22:04| 千葉 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月25日

Seggae

先日、モーリシャスに旅行に行っていたSさんから、
モーリシャスのCDを貸していただきました。

080825_0012~01.JPG


モーリシャスの伝統音楽のsega<セガ>




セガにレゲエを融合させアレンジしたSeggae<セゲエ>




ジャワイアンなどもそうですが、民族音楽とレゲエはとても
相性が良いようですね。

そろそろ夏も終わりですが、マッタリと聞かせていただきます!
posted by THP促進堂 at 18:11| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月09日

Himalayan

先日、Sさんからネパール旅行時に購入したというCDを
貸していただきました。

神々しいヒマラヤンミュージックはサロンでのヒーリングに
とても相性が良さそうです。

そして、神秘的な音色が異空間を演出してくれそうです。

080409_1413~02.JPG


今回お借りしたCDのアーティストをYouTubeでバッチリ
見つけちゃいましたよ。


サントゥールという楽器の第一人者だそうです。

Shiv Kumar Sharma


ラベル:ヒーリング
posted by THP促進堂 at 18:49| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月14日

Ballads

先日、メディアプレーヤーでサロンのBGMを編集しました。

メローなナンバーをプレイリストに集結させたので、
リラックスしすぎて、とろけてしまうかもしれません。

今後サロンでのまったりとした癒しに貢献してくれそうです。

そんなプレイリストから1曲

Randy Crawford <<One Day I'll Fly Away>>
posted by THP促進堂 at 20:30| 千葉 ☔| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

Bob Marley

のライブが少し前にBSで放送されていましたので、
レゲエの神様をしっかりHDDに落としました。

私は18歳の頃から20代半ば頃までよくレゲエを聴いていました、
夏は毎年レゲエの野外ライブに行っていましたし、
レゲエのクラブにもよく行きました。

最近は特別こだわってレゲエを聴くこともありませんでしたが
10代後半から20代半ば頃の自分を思い出しながら、
ボブマーリーの映像と音楽を楽しみました。

そして、デジカメでパシャリ
IMG_3922.jpg

ボブマーリーはすでに他界しているので決して生で見ることが
出来ないのがとても残念です。

今の私の年齢と同じ36歳で亡くなったわけですが、
短くても、ものすごく濃い人生を送ったんだろうな〜と
映像を見ていてしみじみと感じました。

ボブマーリーの名曲は沢山ありますが、
特に私が好きなのは

<<Redemption Song>>



posted by THP促進堂 at 17:55| 千葉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月11日

jazz

の名曲トップ10を決めるリスナー投票
(英国のデジタル・ラジオ局thejazz)にて、
マイルス・デイヴィスのトラックが3曲もランクイン
とのニュースを見つけました。

「So What」(1位)

「All Blues」(5位)

「Blue In Green」(10位)


上記の3曲がランクインしたのですが、
これら3曲はすべて名盤「Kind of Blue」
収録されている曲なのです。

この「Kind of Blue」ですが、サロンを利用されている
ジャズマニアのSさんから以前に
「誰もが認める名盤中の名盤だから聴いてみるといいよ」
とお薦めいただいておりました。

今回のニュースのこともあり「Kind of Blue」を
早速入手、今後じっくりと聞いてみたいと思います。

サロンでの施術中にBGMとして聴きたい方は
リクエストて下さい。

因みにthejazzのリスナーが選んだジャズの名曲トップ10は

1.マイルス・デイヴィス「So What」
2.デイヴ・ブルーベック「Take Five」
3.ルイ・アームストロング「West End Blues」
4.ジョン・コルトレーン「A Love Supreme」
5.マイルス・デイヴィス「All Blues」
6.ジョン・コルトレーン「My Favourite Things」
7.ウェザー・リポート「Birdland」
8.ジェイミー・カラム「Twentysomething」
9.デューク・エリントン「Take The 'A' Train」
10.マイルス・デイヴィス「Blue In Green」



posted by THP促進堂 at 19:33| 千葉 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康(音楽) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする